レーザー加工の可能性を探り新たな付加価値の創出を目指します。

■Aflair Products

アフレアースキャンレーザー加工装置

製品スペック/パフォーマンス

 
 

Aflair ScanPlot Type-0


X軸自走スキャナー
Y軸搭載加工ステーション

X軸、Y軸の組み合わせで最大1000x1400mmの
加工エリアを実現ロール・トゥ・ロール加工にも対応可能
 
 

Aflair ScanPlot Type-I


X軸Y軸自走式スキャナー
2ステーション回転ステージ搭載モデル

最大750x450mm (2スーテーション)の加工エリアを実現
ワーク搬出入中も加工可能な量産対応モデル
 
 

Aflair ScanPlot Type-II


高速リニアモーターアクチュエーター
スキャナーヘッド・固定光学切断ヘッド・CCDビジョンシステム搭載モデル

自動フィールドコレクション機能を搭載し高精度な加工を実現
 
 
 

Aflair Scan Ultra


微細加工用紫外線レーザー加工システム
搭載モデル

微細なフィルム・金属フォイルへの孔開け高精度な加工を実現
 
 
 
 
 

Aflair LinerPlot LM9075


付加価値の高い
高速・高精度加工専用モデル

高速リニアモーターアクチュエーター、CCDビジョンシステム
を搭載した高性能レーザープロッターシステム

 
 
 
 
 
 

AFT-UTD1000RT


切断・穴あけ・マーキング用ロータリーステーション
スキャナー加工用集塵システム

2軸自走式レーザー加工システムMCT II
自走式スキャナーヘッド搭載
効率的に粉塵・煙の除去を実現
最大加工エリア750×450mm×2ステーションを可能とする
 
 

フレキシブル集塵装置

製品スペック/パフォーマンス

アフレアー パワークリーン ヒュームコレクションシステム

アフレアーヒュームコレクションシステムは広域に発生する粉塵や煙を効果的に集める専用集塵ノズル、粘性の高い煙や粒子を遠心分離で除去する粒子キャッチャー、集塵の最適な気流を発生させるブロワーシステムから構成される新発想の集塵システムです。
レーザー加工の際、素材の燃焼、蒸発により発生する粉塵や煙は素材に付着する事で商品価値の低下、不安定に漂う粉塵はレーザー光を吸収、拡散させる要因となり、回収されなかった粉塵や煙は作業環境の悪化をまねきます。 アフレアー集塵システムはレーザー加工の際に発生する粉塵、煙を効果的に回収する専用集塵ノズル、粉塵や煙を含む排気がフィルターに到達する前に粘性の高い煙や粒子を遠心分離にて除去するサイクロン粒子キャッチャーユニット、無段階に出力制御可能な吸引ブロワーとフィルターが組込まれる集塵ユニットから構成されます。 スキャナーを用たレーザー加工では、広域に発生する粉塵や煙を独自の集塵方法で確実に捕捉、回収、除去します。 ノズルと集塵ユニット間に設置するフィルターを必要としない独自のサイクロン粒子キャッチャーによりフィルター交換に掛るコストを抑えます。
ガルバノスキャナーを使用するフィルム、紙、ラベル切断装置やレーザーマーキング装置との組合せで特に優れた集塵能力を発揮します。 また、多関節ロボットとスキャナーを組み合わせた溶接加工時に発生する溶接ヒュームは、これまで回収が困難であったため回収されずに放出されていましたが、これらのヒュームも効率的に回収可能です。通常の集塵ノズルを使用する場合と比較し、シールドガスの乱れが小さく溶接品質を損ないません。

アフレアーレーザーシステムScanPlot用に開発されたスキャナー専用集塵ノズル【特許取得済】

専用集塵ノズルは、高速スキャニング加工で生じた粉塵や煙を加工エリア全域に於いて素材から引き離すように持ち上げ、緩やかな上昇旋回気流により誘引、回収します。 また、上部開口部より発生する緩やかな下降気流は粉塵、煙が集光レンズに到達する事を防止します。搭載するレーザー装置に最適な形状の専用ノズルを製作します。

 

 
 
 
 
 
 
 

アフレアーサイクロン粒子キャッチャー【特許取得済】

紙、樹脂、粘着剤等の加工を行うと粘性の高い煙が大量に発生します。これらの煙はレーザー加工時に気化され加工後に温度が低下すると凝固しフィルター表面に付着します。これらはフィルターの表面に膜を形成しフィルターの寿命を短くする要因となります。
サイクロン粒子キャッチャーユニットはノズルと集塵ユニットの中間に設置されレーザー加工で発生した煙や粉塵除去の第一ステップとして粘性の高い煙および比重の大きい粒子を独自の構造により強制冷却、遠心分離を行ないフィルターを使用することなくこれらを捕捉します。 粒子キャッチャーユニットには粉塵を専用キャッチャーにて捕捉するドライ方式、ミスト噴射で捕捉率を向上させるドライミスト方式、液体キャッチャ―により捕捉するウエット方式があります。ドライミスト方式はキャッチャー内にドライミストを噴霧し流入する煙、粉塵の温度を急激に低下させまた、粒子の質量を増加させる事により遠心分離での捕捉効果を高めます。
ウエット方式のユニット内には外部から制御可能な液体噴霧装置を搭載し、本体内に水流を発生させ流入する煙、粉塵を水洗いした後、水粒子を分離しブロワーユニットに送られます。”空気を水で洗う”新発想の集塵装置です。
消臭機能を持つ液体を噴霧する事により排気に含まれる臭いを消臭する事が可能となります。*2
ウエット方式ではドライ方式同様の粒子キャッチャー方式に加え、液体キャッチャーを選択可能です。液体キャッチャーは遠心力にて本体内面に液体膜を形成し、液体キャッチャー部と粉塵、煙を接触させる事により捕捉する新発想の集塵法で汚れた空気を水で洗う発想です。本体内タンクの液体は常に水フィルターにより浄化され、タンク内の液体の交換頻度を下げることが可能です。
本ユニットは液体で粉塵を捕捉するため効率的な粉塵回収が可能です。

*2 消臭能力は噴霧する消臭剤に依存します
 

ドライ/ミスト方式ユニット

湿式ブロワー一体型

湿式ブロワー分離型

ファインプロダクト事業加工サンプル

受託加工サンプル

紙素材への高品質加工

焦げ易く燃えやすい紙の微細加工を高品質に仕上げる 
独自のノウハウがあります。

発泡材、粘着テープ等の素材への加工

積層された素材を任意の層までハーフカット可能。
変形し易い素材や粘着性の高い素材も加工可能です。

フィルム・紙への開孔による画像表現

素材を変色させる事無く孔径を可変させることにより     
グレースケールを表現するアフレアー独自の技術です。 

 

力が掛ると変形やクラックが発生するジェルシートや
ガラスコートフィルムへの高品質加工が可能です。

テキスタイルへの新たな表現

化繊に開孔により画像を表現します。切断後の繊維は溶着   
されほつれが発生する事はありません。           
染色、印刷以外の新しい表現方法です。

アルミ微細孔開け

厚さ15umのアルミフォイルに直径20umの孔を
50umピッチで開孔。素材の歪なし

 
 

銅箔への高密度孔開け/5mmx5mmのエリアに20,000穴

厚さ50umの銅箔にバリや孔周辺部の盛上がりを最小にし直径15umの孔を50umピッチで開孔