このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


レーザーマーカー汎用加工テーブル


年間数千台納入されているレーザーマーカー。
現在、レーザーマーカーはレーザー加工機というよりもプリンターという感覚で使用されており、その採用範囲は年々広がっています。
価格的にも手頃になったレーザーマーカーですが、マーキング加工時に照射されるレーザーエネルギーはレーザーポインターに使用されるレーザー出力の数百倍の出力で加工されています。
レーザーポインターは赤色または緑色の可視光であるため、万一レーザー光が目に入った場合眩しいと感じられまばたき反応で目に入るレーザー光を遮る事が出来ます。それでも、一時的に視力を失う事があり大変危険です。
レーザーマーカーで使用されるのは赤外線レーザーで目に見えません。したがって、まばたき反応による防御は出来ず、レーザーポインターの数百倍以上の出力の反射光をあびる危険がついてまわります。

ユーザーがレーザーマーキングを行なおうとした場合、レーザーマーカーは様々なメーカーから汎用機が販売されており様々な選択肢がありますが、加工テーブルは汎用機というものがなくユーザーが別途製作するか製作を依頼する必要があります。
レーザーを遮蔽するには適切な素材があり、選択を間違えると発熱、火災等の災害をまねくことがあります。
また、わずかな隙間も乱反射されたレーザー光は通り抜ける事が出来るため完全な遮蔽が必要です。
合わせて重要な事は、レーザーを遮蔽する事により作業性を悪くすることは避けなければなりません。


Aflair レーザー加工汎用テーブルは国内外のレーザーマーカーのほとんどの機種を搭載可能で、作業性を損なうことなくオペレーターの作業環境からレーザー光を遮断します。

アフレアーレーザー汎用加工テーブルには用途に応じて3種類のモデルを取り揃えています。

等級クラス1に対応した安全設計。作業者は保護器具を着用する必要はありません。
設置プレートを交換する事により国内外レーザーマーカーの主要機種を搭載可能です。


 ・レーザーマーカー用デスクトップ型加工テーブル AFT-UTD600
  デスクトップでのレーザーマーキングまたは、切断穴あけ加工に最適
  作業性を損なわずコンパクトなデスクトップタイプ (テーブルサイズ600x600mm)
  レーザー加工エリアはシンプルなフラットテーブルで、治具の固定が可能
  手動Z軸調整機構(ストローク190mm)
  19インチラック、キーボードモニタースタンド付き

  オプション:マニュアルXYステージ (ストローク300x300mm)
        クラス1レーザー保護カバー

 ・レーザー加工用汎用型加工テーブル AFT-UTD800XY
 
 マニュアルまたはモータードライブ式のXYZ軸搭載加工テーブル
  穴あけ、切断、マーキング加工に最適


 ・レーザーマーカー用回転式加工テーブル AFT-X00RT2 

  2分割式回転インデックステーブル
  ワークの出入れがレーザー加工中に行なう事が出来るため、レーザの稼働率を上げる事が可能
  レーザー加工部は完全に遮蔽された安全設計
  
手動またはモータードライブによるZ軸制御の選択が可能
  
集塵ノズル装着
  
マーキングスタート、ストップ、非常停止スイッチ付き
  
レーザーシャッター連動インターロック付き


 ・レーザーラベル専用送り装置
 AFT-ROR120
  ロール幅120mm ラベル切り離し/Roll to Roll巻き取り可能
  PLC制御、送り量、送り速度設定、順送り、逆送り可能
  テンションコントロール、ラベルバキューム機構
  エアチャック式ロールホルダー
  集塵ノズル装着
  手動Z軸調整機構
  オプション:
  ラベル継ぎ目検知およびスキップ機能
  ラベルカッター
  クラス1エンクロージャー

 

汎用Z軸付き加工テーブル)  汎用XYZ軸付き加工テーブル  回転テーブル(クラス1)  ラベルフィーダー
AFT-UTD600         AFT-UTD800XY      AFT-RT2-600        AFT-ROR120



  搭載可能なレーザーマーカー
  炭酸ガス、Nd:YAG、Nd:YVO4、Yb:Fiberレーザーマーカー(出力:~30W / ~100W)
  各レーザーモデル用の取付けアダプターあり

*本装置はOEMでの販売となります。