このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




加工に最適なレーザの特性は可能内容、対象物により異なります。
厚板溶接用レーザーと微細穴明け用レーザは全く特性が異なるレーザを使用する必要があることを理解するのは容易ですが、例えば同じ穴あけ加工でも加工内容や対象物によっても最適とされるレーザーも異なることを理解する必要がありあす。
レーザーメーカー1社で同じアプリケーション用に複数の特性を持つレーザ発振器のラインナップを揃えているところは稀でほとんどの場合、1台のレーザーで多くのアプリケーションをカバーできると説明しています。しかし、1台の発振器ですべての加工をカバーすることは出来ません。ある加工はパルス幅が短く、高いピーク出力が必要で、またある加工は、高いパルスエネルギーが必要である場合、それは全く逆の特徴をもつレーザということになり両方の特徴を持つレーザは存在しないということを理解しなくてはなりません。

レーザの特徴を最大限生かす加工を行うならば、複数の発振器メーカーのスペックを比較し加工内容により、適正な波長、出力、パルス特性等を見極める必要があります。
各社の発振器は、開発のコンセプト及び発振器の方式によりビームデータが異なります。これらの意味を理解し適切な発振器を選択することにより、誰でも出来る加工ではなく、他では再現出来ない独自のレーザ加工技術、ノウハウとして自社の強い武器とする事ができます。
レーザ発振器メーカーが発振器を開発する場合、加工に最適とされるビームデータをピンポイントで抑えてその特性をもつ発振器を作成する場合と、マーケットでの販売実績が多いビーム特性を持つレーザー発振器を作成する場合があります。前者の場合、レーザアプリケーション開発やノウハウの蓄積を自社内で行って発振器の新規開発を行っているケースと、外部委託、またはユーザーからのフィードバックによって行っているケースがあります。
既存のレーザーと同等の特性をもつレーザーをマーケットに送り出す場合、メーカーが求められるものは価格競争力となってしまいます。エンドユーザーまたは、OEMユーザーにとって装置の低価格化は歓迎すべきことですが、最終ユーザーがレーザーを使用することにより得られる優位性、競合との競争力を考えた場合、それが本当にユーザーのメリットとなるか十分に考慮する必要があります。
アフレアーのレーザー装置はあらゆるメーカーのレーザー発振器の搭載が可能です。レーザーの制御方法、ビーム品質により搭載が困難な場合もありますが、全てのレーザー発振器の中から最適なレーザーを選択可能です。また、レーザー発振器を支給いただきシステムを構築する事も可能です。


          
Source:WWW.coherent.co.jp Source: www.neufern.com  Source:www.laserline.jp   Source:www.rofin.com